知っておくと得する情報

更新日:
  1. 青マスと赤マスの増減
  2. モンスターの出現時期
  3. モンスターのコンボ
  4. モンスターアイランドについて
  5. トリツキ種の対策
  6. テンテキ種の対策

青マスと赤マスの増減

青マスと赤マスは夏と冬で金額の大小が変わる。夏に青マスに止まるとお金を多くもらえ、冬に赤マスに止まるとお金を多く失う。

マス夏(6~8月)冬(12~2月)
青マス金額:大金額:小
赤マス金額:小金額:大

モンスターの出現時期

仲間にできるモンスターの出現時期は、モンスターによって異なる。例えば「アカッチ」や「アオッチ」は1年目から出現するが、「オーデン」や「ヨルムンガード」などは何年か経たないとモンスターマスにも現れない。

モンスターのコンボ

モンスターとアイテムを組み合わせることでコンボを繰り出すことができる。

タソクリオン+ダイス系アイテム
タソクリオンの能力はサイコロを2回振るというものだが、能力発動時に「スーパー2ダイス」などを使用すると、サイコロ2回ともにアイテム効果が加わるため、かなりの長距離を移動できるようになる。
妨害系モンスター+リング系アイテム
ドラキッドヌスットンなど、他プレイヤーと同じマスに止まると発動する能力のモンスターは、ベッタリングやリッチリングを使うことで確実に能力を発動できる。

モンスターアイランドについて

  • 発生時期:毎年6か月間
  • モンスターアイランドから出ると、ゴールから6マス以内の位置にワープする。
  • モンスターアイランドの中も、ゴールから6マス以内の位置になるため、それより遠い位置にプレイヤーがいれば最下位にならない。

トリツキ種の対策

トリツキ種の対策としては以下のものが挙げられる。

対策内容
とりつきバズーカトリツキ種の対策としては最高のアイテム。いかなるトリツキ種も好きなプレイヤーに押し付けることができる
ダイス系アイテム複数のダイスを振ることで長距離を移動することができ、少し離れたプレイヤーにもトリツキ種をなすりつけることができる
リング系アイテム「リッチリング」や「ベッタリング」を使えば他プレイヤーと同じマスにワープできるため、トリツキ種をなすりつけることができる
よびよせホイッスル他プレイヤーを全員同じマスに連れてくるため、トリツキ種をなすりつけることができる
ミコミコトリツキ種を消してくれるモンスター。ノロイだけは消せないので注意
シールドンあらゆる妨害攻撃を防いでくれるため、「とりつきバズーカ」や「よびよせホイッスル」によるなすりつけをガードできる

テンテキ種の対策

テンテキ種の対策としては以下のものが挙げられる。

対策内容
オーデンテンテキ種の対策としては最高のモンスター。撃破こそ出来ないものの、能力発動によりあらゆるテンテキ種を退けるため、被害をゼロに抑えることができる。能力も3回使用できるのでコスパが良く、勝ち抜き戦では必ず仲間にしておきたいモンスター。ただし他の人の被害も防いでしまうところは難点。
ヨルムンガードテンテキ種による物件への被害を3回まで防いでくれる。ただし「ヘルマゲドン」の攻撃は防げないのと、「グールグール」のモンスターシャッフルは物件への攻撃ではないため防げないのが難点。オーデンとは違って自分の物件だけガードしてくれるので、他プレイヤーの妨害をしつつ、自分は被害を受けないというお得さがある。
ジバックンオーデンには劣るものの、テンテキ種を撃破するには最適なモンスター。ミッションボードにある「攻撃貢献80%以上で撃破」の達成にも不可欠。難点は1回能力を使用するといなくなってしまう点。

※上記以外の撃退系モンスターは攻撃力が足りず、アタックダイスの目が悪いと撃破できないことがあるので、対策としてはあまり良くない。

シェアする