卵孵化・遺伝について

更新日:

ここではウルトラサンムーンにおけるポケモンの卵孵化について、効率的な孵化方法や遺伝の仕組みまでを説明していく。

  1. 卵孵化の基礎知識
  2. 効率的に卵孵化するために
  3. 遺伝の仕組み

卵孵化の基礎知識

オハナ牧場にある「ポケモン預かり屋」にポケモンを2匹預けると卵が産まれることがある。卵は預かり屋の前にいる女性からもらえる。

卵が産まれる条件

  • ♂と♀の組み合わせである
  • 両親の卵グループのいずれかが同じである。卵グループが異なると卵は産まれない(卵グループはこちらで検索)
  • 例外的にメタモンを片親にすると、性別・卵グループに関係なく卵が産まれる
  • 卵グループが「みはっけん」のものは卵が産まれない(メタモンでも無理
  • メタモンは「10番道路(ホクラニ岳)」で捕獲できる。またメタモン同士で卵を産むことはできない
  • ベビィポケモンの多くは卵グループ「みはっけん」なので、進化させてから卵を産ませる必要がある
  • 卵を手持ちにいれた状態で一定数以上歩くとポケモンが生まれる

生まれるポケモン

  • 生まれるポケモンは全てレベル1
  • ♀ポケモンと同じ種類の進化前ポケモンが生まれる(リザードン♀を預けたらヒトカゲが生まれる)
  • メタモンを片親にした場合には、もう一方のポケモンの卵が生まれる
  • 生まれるポケモンはアローラの姿で生まれる。ただし通常の姿の親ポケモンに「かわらずのいし」を持たせた場合には通常の姿で生まれる
  • 生まれるポケモンの性別は、基本的に♂♀で半々だが、ポケモンの種類によって偏りがある(性別比はこちらで検索)
  • 「おこう」を持たせることで生まれるポケモンがいる
  • 親ポケモンを覚えていないと卵から何が孵化するかわからない

効率よく卵孵化するために

早く卵を産ませる

預けた親によって卵の産まれやすさが異なる。

より発見確率の高いペアで預けた方が早く卵を入手できる。

確率預けるポケモン女性のコメント
同じ種類のポケモンで親のIDが違う仲はとってもよい
①同じ種類のポケモンで親のIDが同じ
②違う種類のポケモンで親のIDが違う
仲はまずまず
違う種類のポケモンで親のIDが同じ仲はそれほどよくない
卵が産まれる条件を満たしていない別々に遊んでいる

早く孵化させる

卵は歩いた歩数に応じて孵化する。孵化までに必要な歩数はポケモンごとに決まっている。(孵化歩数はこちらで検索)

卵を早く孵化させるには、以下の特性やロトポンを利用すると良い。

名称効果
ほのおのからだ
マグマのよろい
特性「ほのおのからだ」か「マグマのよろい」を持ったポケモンを手持ちに入れておくと、孵化までの必要歩数が半減する。なお2匹いても1/4にはならない。オススメ孵化用ポケモンは役に立つポケモンを参照
タマゴふかポンロトポンの「タマゴふかポン」を使用することで、30分間タマゴが孵りやすくなる。「ほのおのからだ」などの特性とも効果は重複する

孵化におすすめの場所

預かり屋の前で「ケンタロス」に乗って走り回るのが効率が良い。新しく卵が生まれた場合にもすぐに受け取れる。

▽ワラが積んである柵の中でグルグル動き回るのが簡単でおすすめ。

効率の良い卵孵化の方法

遺伝の仕組み

卵から生まれてくるポケモンは、通常の野生ポケモンを捕まえるのとは異なり、両親から様々なものを遺伝して生まれてくる。そのため一定の条件を満たせば、野生のポケモンよりも強い個体を手に入れやすくなる。

こうした卵孵化特有の「遺伝」要素としては以下のようなものがある。

遺伝するもの

  • 特性:♀の特性が遺伝しやすい。隠れ特性も遺伝可能
  • 性格:「かわらずのいし」を持たせた親の性格を100%遺伝
  • :条件を満たすと遺伝
  • 個体値:両親の個体値が3つ遺伝して同じ個体値となる(※)
  • ボール:条件を満たすと遺伝
  • 姿:通常の姿の親に「かわらずのいし」を持たせると通常の姿になる

隠れ特性(夢特性)

隠れ特性とは、仲間呼び出しなどで捕まえたポケモンのみが持つ特別な特性のこと。隠れ特性を遺伝できる組み合わせは以下の通り。

  • 隠れ特性♂×隠れ特性♀
  • 通常特性♂×隠れ特性♀
  • 隠れ特性♂×メタモン
  • 隠れ特性♀×メタモン

※隠れ特性♂×通常特性♀では隠れ特性を遺伝できない
※「とくせいカプセル」を使用しても通常特性⇔隠れ特性の変更は不可

遺伝技

条件を満たすと、親が覚えている技を覚えたポケモンが生まれる。

遺伝できるのは、生まれるポケモンがレベルアップやわざマシンで覚える技と、「卵技」と呼ばれるポケモンごとに決められた遺伝でのみ覚えられる技である。

(ポケモンごとのタマゴ技についてはこちらで検索)

生まれてくるポケモンが覚えられる「卵技」を両親のどちらかが覚えていると、生まれたポケモンはその卵技を覚えた状態で生まれる。

※「ハートのウロコ」の思い出しで、一度忘れた遺伝技も思い出せる。

遺伝技の例
ヒトカゲは「りゅうのまい」という技をレベルアップでは覚えず、わざマシンも無い。しかしヒトカゲ♀と「りゅうのまい」を覚えたオノノクス♂(ともに卵グループ:かいじゅう)で卵を産むと、生まれてくるヒトカゲは「りゅうのまい」を覚えている。
「アクアジェット」を覚えたマリル♂と「はらだいこ」を覚えたマリル♀を預けると、「アクアジェット」と「はらだいこ」を覚えたマリルが生まれてくる。

個体値

親の個体値が3つ遺伝して同じ個体値となる。「HP」「攻撃」「防御」「特攻」「特防」「素早さ」のうち3つが選ばれ、それぞれどちらかの親の値が遺伝する。

「あかいいと」を持たせた場合には、通常3つしか遺伝しない個体値が5つ遺伝する。6Vの両親の片方に「あかいいと」を持たせて卵を産ませれば、生まれてくるポケモンは5V以上が確定する。

あかいいとの入手方法
14番道路の海上南東にある四角い足場の前にいる男性からもらう

またBPと交換できるパワー系アイテムを持たせると、対応したステータスの個体値が100%遺伝する。ただし両親に持たせた場合はどちらか一方のみ有効。パワー系アイテムを持たせた場合には、「対応したステータス」+「残り5つのうち2つのステータス」の計3つが遺伝する。

持ち物ステータス
パワーウェイトHP
パワーリスト攻撃
パワーベルト防御
パワーレンズ特攻
パワーバンド特防
パワーアンクル素早さ

ボール

次の条件で両親の入っているボールが遺伝する。

条件遺伝するボール
両親が同じ種類♂♀どちらかのボールが遺伝
両親が違う種類♀親のボールが遺伝
片親がメタモンメタモンじゃない方のボールが遺伝

※「マスターボール」「プレシャスボール」は遺伝不可

ポケモンの姿

基本はアローラの姿で生まれる。ただし通常の姿の親ポケモンに「かわらずのいし」を持たせた場合には通常の姿で生まれる。

シェアする