ユニットの解説

  1. 歩兵ユニット
  2. 装甲ユニット
  3. 火砲ユニット
  4. 海軍ユニット
  5. 空軍ユニット
  6. 要塞ユニット
  7. ミサイルユニット

歩兵ユニット

  • 戦車や火砲に比べると攻撃力・耐久ともに低く戦力としてはイマイチ。移動力が高いので都市の占領や敵を包囲する時に役立つ。
名称解説
軽歩兵最も低コストで生産できる部隊。HP0の都市を占領されないよう、とりあえず配置しておくのに便利。
突撃歩兵地形無視と地雷ダメージ軽減のスキルを持つ。行軍能力では機動歩兵に劣るため、主な使い道は低コストな地雷除去部隊。
機動歩兵地形無視のスキルを持ち、移動力も高いため、都市を占領するのに便利。装甲ユニットへのダメージUPも地味に役立つ。
装甲歩兵特殊兵を除くと最も能力値の高い歩兵で、統治モードの侵入や演習ではよくお世話になる。要塞へのダメージUPと地雷ダメージ軽減のスキルを持つ。
特殊兵国家によって固有のスキルを持っており、他の歩兵のようにスタックは出来ないが強力。

装甲ユニット

  • 戦闘において主力となる部隊。戦車は敵を撃破した時に再攻撃が可能なため、強力な将軍を乗せれば戦局を大きく変えられる。
名称解説
装甲車低コストながら歩兵へのダメージUPスキルを持つため、空挺兵が攻めてくる都市の防衛に使える。戦車ではないので、電撃戦のスキルは発動しない。
軽戦車技術値を使わずに生産できる唯一の戦車。技術値がたまりにくいステージでは役に立つ。行軍速度は戦車の中で最も早い。
中戦車平均的な能力の戦車。再攻撃と歩兵へのダメージUPスキルを持っており、重戦車が生産できない序盤は主戦力となる。
重戦車遠距離攻撃が可能で、対空設備も備えている戦車。中盤以降はこちらが主戦力となる。
スーパー戦車重戦車×3と比較すると、HPがわずかに低いものの、攻撃力・防御力・コストで勝る最強の戦車。

火砲ユニット

  • 耐久は低いが火力が高く、戦車に次いで主力となる部隊。遠距離攻撃が可能で、反撃不能スキルも持っているため、敵のHPを削るのに役立つ。
名称解説
野戦砲反撃不能スキルはあるものの、火砲の特徴である遠距離攻撃が出来ないため、初期配置以外で使用する機会はあまりない。
曲射砲反撃不能スキルを持ち、遠距離からの攻撃も可能なので、序盤から中盤にかけてよくお世話になる。行軍速度が遅いのがたまにきず。
ロケット砲曲射砲の上位互換。敵の配置によっては複数部隊に攻撃できる。流言などのスキル効果は、攻撃対象に選んだ部隊にのみ有効。技術レベルを上げることで、反撃不能スキルを100%発動させられる。
スーパー火砲曲射砲の上位ユニット。ロケット砲×3とどちらを生産するかは状況次第。
スーパーロケット砲ロケット砲の上位ユニット。ロケット砲×3よりも性能は上。

海軍ユニット

  • 海上において主力となる部隊。海上の敵を倒したり、海岸沿いの都市や要塞を攻撃するのに役立つ。
名称解説
潜水艇低コストなうえ、反撃不能スキルと巡洋艦&空母へのダメージUPスキルを持っており強力。潜水艇を量産しているだけで海の覇権を握れてしまう。
駆逐艦潜水艇へのダメージUPスキルを持つが、滅法強いというわけでもない。また要塞へのダメージUPスキルも持っているが、性能的には巡洋艦の下位互換といった感じ。コストが安いのと、地雷除去能力を持つのが強み。
巡洋艦遠距離から反撃を受けずに攻撃できるため、駆逐艦や空母には有利で、潜水艇もそれほど苦にしない。また要塞へのダメージUPスキルも持っており、上陸時に支障となる砲台の破壊や、都市への攻撃でも威力を発揮する。
空母港で生産するので海軍に入れているが、攻撃は戦闘機による空爆なので、海将ではなく空将を乗せる。超遠距離の敵にも攻撃可能で、対空設備を持たない潜水艇や駆逐艦、要塞や火砲への攻撃が有効。
スーパー潜水艦潜水艇の上位ユニット。使う機会はほぼない。
スーパー戦艦巡洋艦の上位ユニット。
スーパー空母空母の上位ユニット。空母が戦艦へのダメージUPスキルなのに対し、スーパー空母は要塞へのダメージUPスキルを持つため、都市など陸上への攻撃が強くなっている。

空軍ユニット

  • 空港のある都市で利用可能。反撃されずに超遠距離の敵を攻撃できるため、強力な空将を配置すると戦局が大きく変わる。高難度になるほど使用頻度は高まる。
名称解説
空挺兵主にHP0の都市を制圧するときに利用する。空軍技術をレベルアップさせて攻撃範囲を広げておくと、シナリオや征服の攻略がスムーズになる。
戦闘機対空設備のない都市や、歩兵・火砲を攻撃する際に有効。空軍による攻撃の中では最もコストが低く、使い勝手は非常に良い。
爆撃機戦艦へのダメージUPスキルを持つが、威力とコストのバランスが中途半端で微妙に使いづらい。対戦艦用と割り切った方がいい。
戦略爆撃機コストがかかる分、威力が高く、対空設備のレベルが低ければ妨害も受けないので、都市を制圧する際には重宝する。ミサイルマークを押せば、生産した原爆などを投下することも可能。
ステルス爆撃機対空設備による妨害を一切受けない。空港Ⅳでのみ利用可能。

要塞ユニット

  • 防御が主な役割の部隊。都市の周りや海岸に建設して、敵の攻撃や侵入を防ぐのに役立つ。
名称解説
バンカー最も低コストで建設できる要塞。奪った都市の周りをぐるりと囲むように建設すれば、遠距離攻撃以外から都市を守ることができる。
要塞砲火砲タイプの要塞。遠距離攻撃が可能で、反撃不能スキルもついているので、攻撃性能がかなり高くなっている。
海岸砲対海軍用の要塞。海軍へのダメージUPスキルを持ち、輸送船や潜水艇には滅法強い。海岸沿いに建設すれば、敵の上陸を防ぎつつ撃破していける。
ロケットランチャーロケット砲タイプの要塞。遠距離範囲攻撃が可能で、反撃不能スキルもついており、要塞の中では最も攻撃能力に優れている。

ミサイルユニット

  • ミサイルサイロのある都市で利用可能。空軍よりさらに遠距離まで攻撃でき、対空防御もされづらい。空将を配置すると威力アップ。高難度になるほど使用頻度は高まる。
名称解説
ミサイルコストに比例して威力と射程が上がっていく。ダメージ効率で考えると、なるべくコストの低いミサイルを利用したほうが得。ミサイルマークを押せば、生産した原爆などを投下することも可能。特別な建物の「スペースセンター」を建設すると、使う資源が減ってさらに利用しやすくなる。

シェアする